バスの歴史

今や「安くでいける夜行バス」がたくさんありますが、そもそも
夜行バスとはいつ、どのようにできたのか・・・?

「夜行バス」自体の歴史は案外古く、1960年代から国鉄などが
列車の補完として走らせていました。
当時は高速道路網も現在ほど充実していないし、また車両もごく
普通の昼間に走る観光バスと同じようなものでした。
そんな夜行バスに一大転機が訪れたのは1980年代の後半です。
福岡県の西日本鉄道が大阪府の阪急バスと組んで1983年に開業!!
そして1986年に新型車両を導入した福岡と大阪を結ぶ「ムーンライト号」
がその先駆けとなりました。
従来タイプの二人掛けシートではなく、一人一人各席が独立している
大きく背もたれがリクライニングするゆったりとしたシート、
トイレはもちろん、自動車電話も装備するなど当時の常識では
考えられないような豪華さを誇る新型車両を導入したのです。
そのような豪華装備にも関わらず飛行機や新幹線などに比べると
はるかに安いということであっという間に大人気となりました。

その後、「ノクターン」の成功に気をよくした京急は鳥取県の
日の丸自動車・日本交通と組んで「キャメル」を開業し、ヒット!
同年夏には近鉄が熊本の九州産交と大阪と熊本を結ぶ「サンライズ号」
が開業したのを皮切りに大阪を起点とした路線網も広がり始め
夜行バスの路線網は多くの会社が参入して全国にバスネットワークが
形成されたようです(^v^)

その後、不景気などの影響もあって一部の夜行バス路線が廃止されたり
一部のバス会社が撤退したりする一方で新規開業や新規参入もあり、
現在夜行バスを走らせているバス会社は日本全国で100社以上、
その路線数は全国で約140以上にものぼっています。

今では当たり前のように普及している夜行バス、高速バスは
このようにして世の中に広がっていったのですね!
それにしても当時からトイレ付きのバスがあったのには驚きです。

歴史

 

【DCT Tour Station】
高速バス、夜行・深夜バスに関するお得な情報をまとめてご紹介しています。
▼▼▼ 高速バスページURL ▼▼▼
http://dct-tour-station.com/bus/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)