フィリピン~マニラ~

さて、連日フィリピンのビーチリゾート・セブ島のご紹介をしてきましたが、フィリピンの首都・マニラはアジアシティの観光地として、人気の地でもあります。首都のマニラの正式名称は”メトロ・マニラ”。

 

日本との時差は1時間で、日本が12時の時、マニラは11時と1時間遅いです。時差がさほどないので、海外旅行にありがちな時差ボケの心配もなし!

 

日本からマニラまではフィリピン航空、ANA、JALの大手航空会社のほか、LCCではジェットスタージャパン、セブパシフィック等が直行便を就航しています。経由便だとアシアナ航空、キャセイ・パシフィック航空等が就航しており、アクセスは便利。

 

ツアー代金は安い時期だと燃油サーチャージ込みで4日間でも経由便利用が2万円台から、直行便利用でも3万円台からと驚きの安さ!これならリピーターも多くなりますね!

 

ビジネストリップはもちろん、観光やカジノを楽しみに行く人も多くいます。

 

パスポートの有効期限は帰国日まであれば基本的にOKですが、余裕をもって6か月以上あることが望ましいとされています。また、未使用査証欄が見開き2ページ以上必要なので、ご注意ください。

 

マニラは人混みが多いスポットも多く、スリやひったくり、置き引きが多発しています。人が多い所での自分の持ち物には十分注意し、人が近付いてきたときは更に注意しましょう。どこの国でもそうですが、観光客は狙われやすいものです。

 

次回はそんなマニラの見所をご紹介!お楽しみに☆

【DCT Tour Station】
海外旅行に関するお得な情報をまとめてご紹介いたします。
▼▼▼ 海外旅行ページURL ▼▼▼
http://dct-tour-station.com/int/

フィリピン~セブ島・遊ぶ~

ph_ceb_i_diving01セブ島で遊ぶといえば、やっぱり海!マリンスポーツが主流です。

 

マリンスポーツ」で人気なものといえば、バナナボート、パラセイリング、ジェットスキー、シーウォーカー、シュノーケリング、水上スキー、ウェイクボード、グラスボート、シーカヤックなどの定番はもちろん、セブ島でも楽しめます!セットになったマリンスポーツのオプショナルツアーが人気!

 

ph_ceb_i_shark01他にはやっぱり先日もお伝えした「ダイビングツアー」!ジンベエザメが間近で見られるかもしれないチャンス!

ダイビングの資格をお持ちの方は是非一度トライしてみて欲しい人気オプショナルツアーです。

 

 

ph_ceb_i_spa02そして海外旅行に行くと女子に人気なのが「スパ」!ホテル内にある高級スパから街中にあるオリジナリティ溢れるスパまでが揃い、日によって、予算によって、お好みによってお選びいただけます。

海外旅行に来た解放感で遊び疲れた体を癒すにはスパがオススメです!

 

そしてそして、ハマり過ぎは要注意!!夜遊びするなら「カジノ」はいかが?セブ島には政府公認のカジノ、カジノフィリピーナがあります。”ウォーターフロントセブシティホテル&カジノ”内にあるカジノがそれ。ホテル内にあるからセキュリティも安心だし、疲れたらレストランやカフェで休めるし、そのホテルに泊まればすぐに部屋に戻って休めるのもいいですね!くれぐれもハマりすぎは注意ですよ!!

 

セブ島での過ごし方の参考にしてください!では、また☆

【DCT Tour Station】
海外旅行に関するお得な情報をまとめてご紹介いたします。
▼▼▼ 海外旅行ページURL ▼▼▼
http://dct-tour-station.com/int/

フィリピン~セブ島・観光~

初めてのセブ島旅行で訪れたい人気の観光スポットをご紹介!

 

ph_ceb_i_shark01まずは人気の「ジンベイザメ・ウォッチング」。少し離れていますが、セブシティから高速バスで南東に3時間の場所にある港町「オスロブ」では、ジンベイザメと写真が撮れたり、船の上から餌付けができると人気を集めています。野生のジンベイザメを餌付けできるのは世界でもここだけ!これは行ってみる価値アリです。

 

そして「道教寺院」はセブの高級住宅街ビバリーヒルズにある中国式寺院。本堂へ上るには99段もの階段を上がる必要がありますが、ここからの眺めは素晴らしいものがあります!運勢占いもやってるみたいです。

 

マゼラン・クロス」では天井に描かれている絵が見もの。なんとここに建てられた十字架建設当時の様子が描かれているとのこと。サントニーニョ教会の隣にあり、現地のキリスト教徒もお祈りに訪れます。

セブ島の景色を楽しみたいなら「山頂展望台トップス」が人気。交通の便が良くなのがネックですが、昼間はセブ市内はもちろん綺麗な海と、遠くボホール島まで見渡すことが出来る眺めがとてもいい場所で、夜は夜景が楽しめます。展望台にレストランもあるので、食事をしながらゆっくりするのも良いですね。

 

サントニーニョ教会」はスペイン統治下時代に建てられたフィリピンで最古の教会。フィリピン全土から信者が訪れるという人気の教会。毎年1月の第3日曜日には「シロヌグ」という盛大なお祭りが催されます。

 

まだまだ見所はたくさんありますが、今日はほんの一部をご紹介しました。是非、次回のご旅行の参考に!

【DCT Tour Station】
海外旅行に関するお得な情報をまとめてご紹介いたします。
▼▼▼ 海外旅行ページURL ▼▼▼
http://dct-tour-station.com/int/

フィリピン~セブ島~

ph_ceb_i_diving01フィリピンで人気のビーチリゾート”セブ島”。実は”セブ島”とは”セブ州”の中にある島の一つで、他にマクタン島、パンタヤン島、カモテス諸島、その他周辺の島々からなるビーチリゾートです。その中でもセブ島が最も大きな島で、観光地としても人気があります。

今回はそんなセブ島の事をご紹介!

 

 

セブ島に行く際にはパスポートの有効期限が滞在日数+6か月以上必要です。

30日間以内の滞在ならビザは不要(日本国籍の場合)

 

日本からセブ島へはフィリピン航空が唯一の直行便として運航、経由便利用であればANA、アシアナ航空、大韓航空、キャセイパシフィック航空の他、LCCでエアプサンや、セブパシフィック航空が運航しています。

 

ツアー代金は直行便だと安い日程で3万円台から、経由便でも4万円台からあるので、比較的お手頃価格で行けちゃうビーチリゾートです。値段が手ごろなので学生旅行にも人気!

 

セブでは、年中通して過ごしやすい気温なのも人気の理由かもしれません。25℃から34℃ぐらいが平均で、海にも年中入れるのが嬉しいですね♪

 

ph_ceb_i_mango01トロピカルなフルーツも美味しく、南国ムード満点。リゾートホテルも多く建ち並び、観光スポットや市場もあるので、海も街も楽しめるリゾート地です。

 

次回はそんなセブの楽しみ方をご紹介!お楽しみに☆

【DCT Tour Station】
海外旅行に関するお得な情報をまとめてご紹介いたします。
▼▼▼ 海外旅行ページURL ▼▼▼
http://dct-tour-station.com/int/

海外旅行保険加入のススメ

海外旅行に行く時に心配なのが、体調不良になったり、怪我をしたとき。

言葉が通じない国に行って、緊急の何かが起これば大変ですよね!?

パッケージツアーなどで行く時は担当のツアーガイドが通訳をしてくれたり、付き添ってくれるので安心ですが、航空券やホテルのみを個人で購入して渡航するときは頼る人がいません。多少の言葉が出来ても、医療の専門用語を言われたりしたら、たちまちパニックです!しかもとっても多額の医療費がかかります!!

せめて、多額の医療費を抑える為にも、予め”海外旅行保険”に加入されることをお勧めします。

 

kega_sankakukin旅行会社でパッケージツアーを申し込む際には、任意の海外旅行保険を紹介されることがあります。また、空港に海外旅行保険の受付カウンターがあります。さらにはクレジットカードをお持ちの方は、クレジットカード会社の海外旅行保険に加入している人もいるかもしれません。

基本的に適応される内容は同じです。あとは掛け金によって支払われる金額が違うこと。セットになったプランから家族旅行等では”ファミリープラン”、好きな項目のみに保険がかけられる”バラ掛けプラン”等ありますので、不明な点は販売会社の担当者にきちんと聞きましょう。

空港で申し込む場合は、飛行機に搭乗したときから適応されることが多く、旅行会社でパッケージツアーを申し込んだ際に任意の保険に入れば、家を出た時からが保険適応の対象になります。極端な話、空港まで行く途中に事故にあった場合も保険適応が効くという事。

 

海外で病院にかかったり、ましてや入院となると何十万円もかかる事が多いので、是非海外旅行保険をご検討ください!

【DCT Tour Station】
海外旅行に関するお得な情報をまとめてご紹介いたします。
▼▼▼ 海外旅行ページURL ▼▼▼
http://dct-tour-station.com/int/

ビザの確認はOK?

xf1755020813m海外旅行の渡航先によってはビザ(査証)が必要な国もあります。また、観光目的でない場合、ビジネス等で渡航される際は必ずビザが必要になりますので、出発前に必ずご自身で確認してください。

 

 

そもそも「ビザ」って?

いわば渡航先の入国許可証。パスポートを保有する旅行者がその国に入国する資格があることを裏付ける書類のこと。

日本人が海外へ渡航する際のビザについては、渡航先国・目的・滞在期間等によって要否・種類が異なり、国によっては事前通知なしに手続きが変更される場合もあるので、詳細は日本にある渡航先国の大使館・総領事館に確認し、最新情報を入手するのが確実です。ただ、その国に入国が許可されるかどうかの最終判断は、現地の入国審査官が決定するため、ビザを持っていても、所持金が少なかったり、復路の航空券を持っていなかったりすると入国が拒否されることもあるので注意が必要です。

 

ではビザの申請に必要なものは何でしょう。

1.申請書(各大使館・総領事館のビザ申請窓口に備え付けてあります)

2.パスポート

3.写真

4.手数料(料金は国ごとに異なるので事前に調べましょう)

ただし、渡航する国によって必要なものが異なるので、事前に必ず訪問先の大使館・総領事館に問い合わせるのが良いでしょう。

 

最近では少なくなりましたが、旅行会社でビザの代行申請を行っている所もあるので、パッケージツアーを申し込んで海外旅行へ行かれる際は一度申し込み先の旅行代理店に尋ねてみましょう。ただ、代行手数料は取られるのでご注意を!

【DCT Tour Station】
海外旅行に関するお得な情報をまとめてご紹介いたします。
▼▼▼ 海外旅行ページURL ▼▼▼
http://dct-tour-station.com/int/

パスポートは準備OK?

6b31952b573e900e84e9f3afe1a20436_lそもそもパスポートの申請って???

 

という事で散々、世界各国の紹介をしてきましたが、海外旅行に行く際の基本中の基本となる”パスポート”についてのお話し。

 

海外旅行に行く際には必ずパスポートが必要になります。各都道府県にパスポートセンターがあり、そちらに行って書類を提出⇒後日受け取りという流れです。

パスポートセンターの都道府県別ホームページリンクはこちらから

⇒ http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_6.html

 

パスポートの申請には

1.申請書

2.戸籍謄本または戸籍抄本

3.写真

4.本人確認できる書類

が必要になります。申請は代理人でも可能ですが、パスポートが出来上がった際の受け取りは本人でないといけないのでご注意ください。

 

アルファベット表記が昔に比べるとかなり自由になりました。昔はヘボン式で表記なんて選べなかったのに、数年前からある程度自由に申請できるようになりました。(必ずしも申請通り受理されるとは限りませんのでご注意ください)

例えば「ユウ」さんという方がいたとします。

昔は「YU」のみでしたが、数年前から「YOU」という表記も認められるようになったようです!

読む際に伸ばす名前、例えば「オオノ」さんは「ONO」と「OHNO」の2通り申請出来ます。

 

ただ、ご注意頂きたいのが申請するアルファベット表記はご自身の自由ですが、旅行を申し込む際はパスポート通りのスペルで申し込みをお願いします。国際線利用の場合はスペルが1文字でも異なると、飛行機に乗れません!航空会社に掛け合ってチケットを変更してもらうことは可能ですが、空港で必ず待ち時間が発生しますし、当日満席でオーバーブックしている場合などはそれを理由に搭乗をお断りし、席がご用意できていないお客様を優先する、という事もあり得ます。(近年は少なくなっていると思いますが・・・)

 

くれぐれもアルファベッド表記をご確認の上、航空券をお買い求めください。

また、パスポートセンターは旅行の繁忙期前には同じく混みあいます。通常1週間から10日程で受け取れるものですが、繁忙期はそれ以上かかる場合もあるので、旅行前に余裕を持って申請してください。

【DCT Tour Station】
海外旅行に関するお得な情報をまとめてご紹介いたします。
▼▼▼ 海外旅行ページURL ▼▼▼
http://dct-tour-station.com/int/

サイパン~買い物~

5132_T-GALLERIA-SAIPANサイパンでお買い物を楽しむなら外せないのが「Tギャラリア・サイパン」!

DFSでブルガリ、ルイヴィトン、バーバリー、コーチなどの人気ブランドを始めとする多くのブランドショップが入っています。ファッションはもちろん、化粧品ではランコム、ロクシタン、クリニーク、資生堂等の大手化粧品会社の商品も勢ぞろい!他にはお酒やサイパンならではのお土産も豊富に取り揃えられているのが嬉しいですね!無料シャトルバスも運行しており、夜は22時まで空いているので、食後の散歩を兼ねてのお買い物もアリだと思います!

 

30814_DSCF5490

お土産選びには「I LOVE SAIPAN 」が人気!

サイパンで一番の品ぞろえとも言われているお土産の数々がアウトレット価格で手に入るという人気のお店。

「Tギャラリア・サイパン」の隣にあるので、立地も良し!こちらは夜の22時半まで空いているのでのんびりお店を見て回れますね♪

 

 

10661_IMG_6275「ハファダイ・ショッピング・センター」は食料品や衣料品、薬、お土産まで揃う現地の人も利用する大型ショッピングマーケット。ガラパン地区のホテルから歩いて行ける距離にあるので、観光客にも人気のショッピングスポットです。

滞在中のおつまみやお土産を買いに、一度覗いてみてはいかがですか?

 

安くて品ぞろえが豊富なお店と言えば「ママ・ストア」。

「Tギャラリア・サイパン」から徒歩約3分という立地の良さで、お土産品だけではなくサイパン滞在中にも使えるビーチグッズや日用品、飲み物やお菓子などが揃うコンビニのようなお店。ちょっとした買い物にも気軽に立ち寄れます。

 

 

時間があるときに是非立ち寄ってみてください^^

【DCT Tour Station】
海外旅行に関するお得な情報をまとめてご紹介いたします。
▼▼▼ 海外旅行ページURL ▼▼▼
http://dct-tour-station.com/int/

サイパン~遊ぶ~

サイパンに行ったら海!という人も多いでしょう。サイパンでの過ごし方、人気のオプショナルツアーをご紹介!

 

サイパンはビーチリゾートとして有名なので、ビーチで思い思いに楽しんだり、ショッピングに行ったりする人が殆どではないでしょうか。それ以外の過ごし方と言えばやっぱり送迎付きのオプショナルツアーに申し込んでサイパンを楽しむ!

 

sIMG_0400夕方から楽しむなら”ディナークルーズ”!シャンパンを片手に夕景をゆっくり堪能したら、おいしいお食事を。ダンスショー等で盛り上がったり、デッキに出てロマンチックに星空を眺めたりしてお楽しみ下さい。

 

 

sLAOLAO3スポーツ好きな人は”ゴルフ”なんていかがですか?海外ならではの海沿いコースを楽しめる、海越えショットが爽快です!!サイパン島内に5つのゴルフ場があるので、お好みのコースをお選びください♪

 

 

ooo-marianaspa

ooo-marianaspa1

 

 

 

女性に人気なのが、やっぱり”スパ”!ホテルの中にスパ施設が入っているところもあり、日本でマッサージを受けるのとおおよそ相場は同じくらい。ホテル内のスパは少し割高な場合も。足や全身、フェイスマッサージ等お好みの部位と所要時間からお選び頂けます。

 

TINA02そして意外と人気なのが”離島ツアー”。サイパンから近いロタ島やマニャガハ島への日帰りツアーも人気です。観光メインだったり、島までの送迎だけで後は島内で好きに過ごしたり・・・プランは様々!

 

 

マリンスポーツではお決まりのバナナボートやパラセーリング、ジェットスキー等のお得なパックプランやシュノーケリング等のお手軽コースから、ダイビングプランまで。

 

過ごし方は様々です。あなたは何をしにサイパンへ行きますか?

【DCT Tour Station】
海外旅行に関するお得な情報をまとめてご紹介いたします。
▼▼▼ 海外旅行ページURL ▼▼▼
http://dct-tour-station.com/int/

サイパン~観光~

spn-gurnd147サイパンは小さな島なので、観光スポットもほかと比べるとちょっと少な目かも・・・。

それでも見るところはあるので、いくつかご紹介したいと思います。

 

まずは「マウント・カーメル教会」。スペイン統治時代に建てられ、1949年に再建された北マリアナ諸島最大のカトリック教会で、ランドマーク的存在でもあります。現地のカトリック教徒のカップルが挙式を挙げることも。

 

聖母マリアの祠」はクロスアイランド・ロードを南下し小道を入った所にある祠で、祭壇の手前にある井戸水は奇跡を起こした聖水と伝えられています。毎年2月に行われる、この地区のフィエスタは有名!

 

そして実はサイパンにも動物園があるんです!「サイパン動物園」は小規模な動物園ですが、北マリアナ諸島固有のマリアナオオコウモリ(通称フルーツバット)のほか、ヤシガニ、カメ、オウム、放し飼いの孔雀などが見られます。ちょっと息抜きに訪れてみるのも良いかも!?

 

 

sLAOLAO3あとはやっぱりビーチ!サイパンにもいくつかビーチスポットがありますが、サイパンを代表するビーチと呼ばれているのは「マイクロビーチ」。ガラパンのホテルの前に広がり、サイパンで最も美しいビーチの一つで、朝~晩までに7回色が変わると言われています。

「パウパウビーチ」はサイパン島北部のにある約1km続く白砂のビーチでバーベキュー施設や駐車場が整備されているので、週末は現地の人たちの憩いの場となっています。

「ラウラウビーチ」はサイパンで一番大きな湾、ラウラウ・ベイを望むビーチです。ダイビングスポットがあり、ミクロネシア固有種の オレンジフィンアネモネフィッシュを含む4種のクマノミが見られます。穏やかな海なので、初心者でも安心!

他にもいくつかビーチはありますが、いずれも比較的波が穏やかなので、マリンスポーツやビーチでのんびりするのに適しています。

 

次の海外旅行、サイパンはいかがですか?^^

【DCT Tour Station】
海外旅行に関するお得な情報をまとめてご紹介いたします。
▼▼▼ 海外旅行ページURL ▼▼▼
http://dct-tour-station.com/int/